スポンサーサイト

Posted by DarkMel on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RFZのRAMDISK化その2

Posted by DarkMel on 24.2008 RF Online Z-(豆知識) 0 comments 0 trackback
前回の続きです

搭載メモリ容量の関係で4G OverもRAMDISK容量取れない><って人も多いと思います

そのようなときはRAMDISK化はあきらめなくてはならないでしょうか?

答えはNOです

では、その方法は?

簡単にできる方法
1.標準でRAMDISKを作成するとFAT32形式(Win98系と互換がある形式です)で作成されますが、再フォーマット行いNTFS形式(WIN2000,XP、Vistaで使用されている形式)に変更し、フォーマット時に圧縮を有効するとファイルコピー行なったときに自動的に圧縮処理を行なって少ない容量に大きなファイルをコピーできるようになります
  圧縮有効時の場合は約3.1GあればRFZのクライアントがコピーできます

  この場合の注意点はファイル読み込み、書き込み時に圧縮ファイルの処理が発生するのである程度PCの処理能力が高くないとちょっと厳しいかもしれません
  無圧縮より速度は落ちます

設定ファイルを変更する方法
RFZの設定ファイルを修正することにより特定フォルダーのみをRAMDISKに配置することができます
RAMDISKに配置可能なフォルダーはMAP,SYSTEMの両フォルダーです



また設定ファイルの修正なので現状ファイルのバックアップは確実に行なってから実施してください
変な設定するとクライアントが起動時エラーを起こします


*修正設定ファイル
 R3Engine.INI

1.MAP関連をramdiskに配置
設定ファイル無いのMAP=で始まるところを修正する
例)MAP=R:\MAP\
RAMDISKがRドライブと仮定しRドライブのMAPフォルダーにMAPデータをコピーした場合の設定
*注意点は最後に"\"を必ずつけること
  注意点)
  MAPは2カ所エントリーが存在するので両方をRAMDISKに向けること


2.SYSTEM関連をramdiskに配置
設定ファイル無いのSYSTEM=で始まるところを修正する
例)SYSTEM=R:\SYSTEM\
RAMDISKがRドライブと仮定しRドライブのSYSTEMフォルダーにSYSTEMデータをコピーした場合の設定
*注意点は最後に"\"を必ずつけること

上記の設定でRFZのクライアントのMAPフォルダー、SYSTEMフォルダーのみ(両方)をRAMDISK化することが可能になるので容量が少なくてもRAMDISK化が行えます
MAP&SYSTEMフォルダーのみでNTFSの圧縮機能を利用すれば1Gあれば大丈夫です
MAPのみなら700M位でした


SSの保存先を変更する方法

これはRAMDISK化したとき以外でも使えるテクニックです
例)常にマイピクチャーに保存とか

修正はR3Engine.INIファイルの中に
ScreenShotsPath=って記述がある行です
通常だと
ScreenShotsPath=.\ScreenShots\とかになっています

これを
ScreenShotsPath=C:\RFZSS\
とかに修正するとCドライブのRFZSSってフォルダーにSSが保存されるようになります
注意点はフォルダー名称に2バイト文字(漢字等)は使わない方がいいと思います

またRAMDISK化している人はコピー元のR3Engine.INIファイルを修正しておけばよいと思います
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://darkflame.blog69.fc2.com/tb.php/630-8456c1ad

プロフィール

DarkMel

Author:DarkMel
DarkMel
光り輝いていた時期がありましたw

現在はファイナルファンタジーⅩⅣのSaroniaに生息中

RF:ギルドSeiren(ギルドマスター):Darkmel

グランドファンタジア(精霊物語):ギルド幻影蜃気楼(サブマスター):だーくめる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。